<< 2016  🎅 冬のおもてなし 🎄 | top | 39才 くすみ・しみ・乾燥・目の下のタルミ…1か月間集中ケア「こんなに早く…」 >>

ペプチド

 

 

 

ペプチドは


光老化を抑制するだけでなく
・時の経過が自然にもたらす加齢 のために

皮膚が劣化していくのを食い止めます。

 

 

 


Q1 ペプチドって

 

A アミノ酸が複数つながったものです
加齢とともに作られなくなると肌老化の原因になります

 

ペプチドとは、2個以上のアミノ酸がつながった構造のものをいいます。
私たちが体内で利用するアミノ酸は、グリシン、シスチン、アラニンなど20種類ですが、
そのさまざまな組み合わせでできるペプチドの種類は膨大な数になります。
そのぺプチドがさらに結合して、
体の約15%を占めるたんぱく質になります。

 

肌においては、コラーゲンやエラスチンなどのたんぱく質も、ペプチドから構成されていているといえます。
このペプチドが加齢とともに作られなくなると、肌老化の原因になることがわかっています。

 

 

アミノ酸 ーグリシン、シスチン、アラニンなど20種類      

 

 

ペプチド ーアミノ酸が2個以上結合したもの

  

 

タンパク質(ポリペプチド)ーペプチドが結合したもの

 

          

*図はイメージです           

 

 

 

Q2 ペプチドはどのような美容効果があるのですか?

 

A 美白、抗シワ、ハリ・キメ・弾力アップなど、様々な美容効果が期待できます

 

体内のペプチドにはさまざまな種類があり、それぞれに特徴的な働きがあります。
ホルモン分泌や神経伝達、抗菌など、さまざまな生理活動の作用があり、
細胞の機能を調整するのに欠かせない重要な成分です。
肌においては、コラーゲンの生成や活性化にも関わっているため、
肌の修復や再生においても重要な役割を担っています。
これらのペプチドは高分子(大きな物質)のため容易に皮膚に浸透しないというのが定説でしたが、
科学の進歩により肌に浸透させる方法がいくつか発見されました。

 

その結果、

・シワやシミ、くすみ、たるみを解消し、ハリ、キメ、弾力を高め
・肌バリア、ターンオーバーなどを補修させるなど
様々な肌悩みに有効なスキンケア成分として着目されるようになりました。

 

 

 


Q3 美容成分をして知られるペプチドには、どのような種類がありますか?

 

A 数多くの種類がありますが、代表的な3種類を紹介します

 

ペプチドの作用は、最近のスキンケアの研究において非常に着目される分野のひとつになっています。
肌に作用する美容成分として知られる代表的なものを ご紹介させて頂きます。

 

マトリキシルⓇ3000


2種類のペプチド
・パルミトイルオリゴぺプチド・パルミトイルテトラペプチド−7
を組み入れた成分で、


・肌のハリを担っているコラーゲン
・潤いを担っているグリコサミノグリカン
をアップする作用があります。

 

すでに医学的にも評価されている

ビタミンAと同等の効果がある

という評価もあります。

 

ダーマキシルⓇ


・パルミトイルヘキサペプチドにセラミドNGを組み合わせたもので、
・ハリのハリを担うコラーゲンの産生
・肌の弾力を担うエラスチンの合成を促進
・角質層のバリアを強化し、キメの整った丈夫な肌
にします。

 

アルジルリンⓇ

 

表情ジワの軽減に使われます


アセチルヘキサペプチドー8
を組み入れた成分です
・表情筋の緊張を緩める作用
があり、
額、眉間、目尻の表情ジワを軽減する効果があります

 

 

 


Q4 Dr,デスが開発した製品にも、ぺプチドが生かされていますか?

 

A C−クエンスシリーズアイジェルフォーカスフラウンセラムに重要成分として配合しています

 

形成外科医であり、エンビロンⓇスキンケアシステム開発者であるDr,デス先生は、
スキンケアの開発において
・段階的な強さのビタミンA
・最も効果的な形のビタミンC
・世界で最も効果的なペプチド マトリキシルⓇ3000  ダーマキシル
を重要視しています。


フォーカスフラウンセラムには

表情ジワへの有効性に特化した3種類のペプチド(ロイファシルⓇアルジルリンⓇ シンⓇエイク)をカクテル配合しています。
「これらのすばらしい成分をカクテルにすることで、シワの形成プロセスに3つの違う方法で補完し合う形で働きかけ、
目を見張るような結果に導きます」

 

 

 

 

Q5 ペプチドの美容効果をさらに高める方法はありますか?

 

A 浸透効果を高めたり、ビタミンA等と組み合わせたりする方法も有効です

 

ペプチドの美容効果を十分に発揮させるには、ペプチドの種類を厳選し、バランスよく組み合わせることが大切です。
さらに、ほとんどのペプチドは分子量が大きいため、肌への浸透効果を高めることが重要になります。
・マイクロチャネル(肌に必要な美容成分などをしっかりと浸透させるための微細な孔)を利用したホームトリートメント
・低周波超音波を利用した科学的導入法(ソノフォレーシス)を用いたトリートメント

などおすすめです。

 

 また、ペプチドは、ビタミンAやビタミンC、そのほかの有効成分を併用することで、

素晴らしい効果を上げることが分かっています。

 

 

 

 

チェックはじめてのお客様へ…システム・体験コース・Q&A

 

素肌美つ¨くりのミュゼ 

 

 

おっとりヘップバーン | ◆エンビロン成分を詳しく | 07:59 | - | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH