<< 2016年5月21日〜22日 4天体集合の豪華共演「月といっしょに☆おしおきよ」  | top | にきび・ニキビ痕 4カ月過ぎました。大きなニキビが…6月12日は挙式です >>

その「日焼け止め」 何のために塗っていますか?




しみ・しわ・たるみをつくらないためですか?




日傘をさしている方が ふえてきました。




 





皮膚に紫外線が当たることで皮膚内部に大量の活性酸素が発生します

肌の老化の原因の80%を占める最大の犯人は、この紫外線と活性酸素です



 
紫外線と活性酸素から肌を守るための光老化対策を考える時、


一般的な日焼け止めは、
この紫外線を防ぐことだけを目的につくられています。





   にんじん    にんじん    にんじん    にんじん     にんじん


 
日焼け止めには 紫外線防止剤(吸収剤・散乱剤)が配合されています。
SPFとPAの数値で表示されています。
ご存じのとおり SPFはUVB(紫外線B波)、PAはUVA(紫外線A波)それぞれに対する防御指数です。

最近ではSPF50? PA????と 
何が最強なの???と
数値が高いものを塗っていれば安心なのね と勘違いをしてしまう ものもありますね。



そこには落とし穴が

この数値は、皮膚1平方cm対して2mgの日焼け止めを塗った時の数値として表示されていますので、
塗る量がこれより少ないと効果は激減します。
たとえば顔全体でいうと、500円玉大くらいの日焼け止めを塗らないといけないということになります。
まめに塗り直しが必要になりますしね。

わたし、半分くらいかな?
多くの女性はこの3分の1〜4分の1程度の量しか塗っていないようです。

また、肌に塗った日焼け止めは、
紫外線と反応したり汗と混ざったりすることで、効果が薄れていきます。



驚いてしまうのが
この紫外線の侵入を防止するための吸収剤、散乱剤という
化学成分そのものが紫外線に当たることで
酸化、変性してしまうのです。

SPF値 PA値が高いということは、
それだけ紫外線防止剤(吸収剤・散乱剤)が多く配合されているということ。
その分、肌にとって負担になりやすいと言えます。


ですので、敏感肌の方で 日焼け止めの使えない方もいらっしゃいますね。


汗に強い!ファンデが崩れない!
というのには 肌にぴったりと密着させるための化学成分が配合されているのです。
強力なものには、強力なものを使わないと落ちないですので
乾燥しているのにオイリーになったり 肌荒れしたり


肌が荒れているのにもかまわず塗り続けている方、
それでは逆効果になることがあります。





何をお伝えしたいのか なのですが





肌が乾燥していたり荒れたりしていると、
紫外線を肌の中に吸収しやすくなってしまいます。

肌が健康であるほうが紫外線に対して抵抗力があります。







10年ほど前になると思います。夏前に
テレビ番組で

ふたごの姉妹に
・ひとりには 1日2本の人参を毎日食べる
・ひとりには なし
1カ月後だったか
なし の方の方が日焼けをして入り、そばかすが増えていました。




肌に負担がかからない

汗をかいても流れない



わたしたちは 自然の紫外線防止剤 を皮膚の中に備えています。

SPF値2.5〜4です。



SPF値20にすることもできます。




にんじん皮膚はなぜ衰えるの?
にんじん日焼け止めに何を望みますか?さっぱり感?SPF値?効果?

おっとりヘップバーン | 日々のこと | 15:38 | - | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH