皮膚はなぜ衰えるの?

 

 


皮膚は

紫外線と
紫外線を浴びることなどから体内に生じる 活性酸素
によってダメージを受け

老化が進みます。




紫外線によって、
皮膚の老化が進むことを

光老化 (ひかりろうか)と呼びます。



実は

皮膚の老化の 80% は 光老化 で、
加齢による自然の老化とは明確に区別されます。

 
     






ご存知の方も、多いかと思いますが、
一緒におさらいをしてくださいね。


地表に届く紫外線にはA波とB波があります。


UVーA(紫外線B波)

UVーBよりも約500〜800分の1とエネルギーは弱いですが、
降り注いでいる量はUVーBの約1000倍。
ガラス越しも通過し、皮膚においては真皮の深層まで通過します。


UVーB(紫外線B波)

UVーAと比べて約500〜800倍とエネルギーが強く、表皮に強いダメージを与えます。
ヒリヒリして赤くなる日焼けはこのUVーBによる影響です。



春から夏に強くなるのはB波。
主に表皮に作用し、
いわゆる “日焼け”状態 を作り出します。
冬は1日外にいても大丈夫なのに、
夏は日焼けをしてしまうのは、
このB波の仕業。

冬でも容赦なく紫外線は降り注いでいます。
なかでもA波は浴びても自覚症状はありませんが、
肌の深部にまで到達し、
ジワジワと肌にダメージを与えています。


紫外線によるわかりやすい皮膚へのダメージは日焼けです。
皮膚の中では細胞DNAの破壊・ビタミン破壊が起こり、
シミ、シワ、たるみ、くすみ・ザラついた肌・黒ニキビなど、
皮膚を老化させます。
さらに、
恐ろしいメラノーマ(黒色腫)という皮膚がんも生じるものです。



そう、

老化の主犯は、紫外線。

年齢ではありません。



では、

残りの 20%の老化 は、どのようにして起きるの?


現在、考えられているのは、

活性酸素 の影響です。


紫外線、タバコ、排気ガス、ストレスなど、
有害物質が体内で化学反応を起こし、発生させる
有害酸素のことです。

私たちのカラダの中に溜まる産業廃棄物のようなもので、
人体を酸化(サビ)させます。


皮膚の健康を損ない、
さまざまな老化現象となってあらわれます。





紫外線A波(UV-A)は、
皮膚のハリを担うコラーゲンなどのタンパク質を傷つけたり、
シミの原因となるメラニン色素の生産を促し、
肌のさまざまな機能を低下させます。

ターンオーバーの周期が乱れますので、
大人のニキビの直接的な原因につながることもあります。

大人のニキビ肌にこのUV-Aがあたると、
肌の体力が低下して新陳代謝を遅れ、
角質層が厚くなり、
ニキビの元である、面皰を作ったりします。
活性酸素が発生して、
ニキビに刺激が加わり、炎症が起きたりします。



では

どうすれば、健康で若々しい肌でいられるの?


何もせずに、
健康で若々しい状態を保ち続けることができれば理想的ですが、
現実は、なかなか困難です。


そのためには、

予防とダメージの手当てのスキンケアが必要です。


“乕罎虜得犬鯔犬欧襦峪膤粟」と「活性酸素」を予防すること

△修瞭のダメージは、その日のうちに十分とりもどしておくこと


それには


…のケアで日中に紫外線や活性酸素と戦うためにビタミンを送り込み

¬襪脇中に損なわれたビタミンを補充



これによって肌トラブルの予防をして
老化さえ克服できるのです。



ビタミンA

・細胞(DNA)のダメージを修復
・各組織の機能を正常化
・細胞の成長と分裂(新陳代謝)を調整
・コラーゲン・エラスチン・ムコ多糖体の生成を促進

ビタミンC

・メラニンの生成を抑制(美白作用)
・コラーゲン・エラスチンの生成を促進
・細胞に吸収されて効果を持続できる抗酸化剤

ビタミンE

・健康維持に重要な体内の脂質を守る、強力な抗酸化剤
・ビタミンAやコラーゲン・エラスチンを保護

ベータカロチン

・1つの分子で多量のフリーラジカルを抑制・消去できる、安定性の高い抗酸化剤
・必要に応じて体内でビタミンAに変換


*ビタミンの相乗効果

抗酸化ビタミンは
フリーラジカルによる皮膚の酸化を防ぐことで
一度その働きを失ってしまいます。

しかし、
他のビタミンと連携することで
再びその機能を取り戻します。

また、
お互いに補完し合いながら作用するので
相乗効果でより高い効果も発揮します。
抗酸化ビタミンがリサイクルされると、
ビタミンAがより強力に保護されるようになり、

皮膚内のビタミンA濃度も上昇します。



 
 



日頃から
肌に直接しっかりをビタミンを補給しておけば、
紫外線ダメージに負けない肌の基盤を作ることができます。

また、
これらを効果的にするために
洗顔や
必要であれば毛穴ケアや角質ケアを行って、
肌を清潔に保ち、
コンデションを整えることも必要不可欠です。



近年の研究では

ビタミンA(パルミチン酸レチノール)が
紫外線から肌を守る


ことがわかりました。


皮膚に
ビタミンA(パルミチン酸レチノールがダイレクトに入っている場合)を
局所的に塗布した場合、

日焼けによる紅斑を防ぐ

SPF20の日焼け止めと同等の効果

があるとのことです。


 

 

3か月後

 

太陽 美容医療分野でも注目の
紫外線予防とダメージ肌の修復をしてくれる
スキンケア7日間分とスキンケア施術1回の体験
クリック肌質改善7日間の体験 をしてみませんか?

 

クリックはじめてのお客様へ…システム・体験コース・Q&A

クリック症例写真&お客様の声

クリックインターネットでエンビロン製品の購入ができます「ミュゼ×エンビロン メンバーズサイト」のご案内

 

 

 


 なぜ、お悩みになっているのか?
 あなたと私で一緒に解決していきましょうね。


しみ・しわ・たるみ・にきび(痕)・乾燥・赤ら・敏感など
フェイスからボディのお肌のことは
愛知県安城市 スキンケア専門エステ
エンビロン正規取扱サロン アドバンスディプロマ★★★★取得

プロティアドクターズサプリ パーソナルパワープレート
クリック素肌美づくりの “エステdeミュゼ” 
指輪素肌がジュエリーの花嫁さん…ブライダルエステ受付中

電話 0566−76−6198
メール info@bihada-musse.com
 
チェックまずは、メールでお尋ねしたいのですが…? 

 

おっとりヘップバーン | ◆皮膚はなぜ衰えるの? | 15:43 | - | - |
1/1PAGES | |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH